まず、塾講師の全体の年収についてですが、塾講師の全体の年収の平均は約425万円〜450万円と言われています。
日本人の平均年収は約420万円なので塾講師全体の平均年収は日本人の全体の平均と比べると同じくらいかそれより少し高いくらいと言うことになります。

次に塾講師の初年度の年収について見てみますと、塾講師の初任給を月給に換算すると20〜25万円くらいが相場のようです。
これを年収に換算すると240〜300万円くらいと言うことになります。
しかし大手の塾に勤めた場合ボーナスが出るので、年収は初年度の場合でも350万円ほどになります。

先程大手の塾に勤めた場合ボーナスが出る場合があるとお話ししましたが、中小の塾の場合ボーナスはでない場合が多いようです。
そのため中小と大手の初任給の差は50〜110万円ということになります。
中小に入るか大手に入るかだけでこれほどの年収に差ができてしまうようです。

年収の他にも違いがあります。
大手の塾は安定的に収入が上がる傾向があるようです。
中小の塾の場合全体のパイが小さいため昇給率は大手と比べると低いようです。
それと大手の塾の場合パイが大きいため事務作業、教材の準備、カリキュラムの作成などは本部で全てやって貰える場合が多いですが、中小の塾の場合は現場で教える人間以外の人件費までは賄えないため講師が何でも自分でやるという場合が多くなっています。